最新情報

残留邦人等への理解を深める集いin東京
−あなたの隣にいる『帰国者』のこと知っていますか?

「中国残留邦人等への理解を深める集いin東京」は9月5日、代々木オリンピックセンター(かつて、中国残留孤児の肉親調査が行われた場所)で、10代から80代までの方、90名程のご参加を得て、無事に開催することができました。
「戦後世代の語り部育成事業」第1期生の「語り部」にとっては、ほぼデビュー戦となった本イベント。語り部育成総合アドバイザーを務める加藤聖文先生の基調講演では、過去の歴史を伝えることが難しくなった現代、体験者から聞いた話を人づてに伝えるという「語り継ぎ」の意味や効果、そしてそれが未来につながれていく力について語られました。
語り部たちはちょっと緊張ぎみでしたが、参加者からは「わかりやすくてよかった」「心に響いた」など励みになるコメントを多数いただきました。
コロナ禍の中で会場に足を運んでくださった皆さま、本当にありがとうございました。
また、三密回避のため募集定員を超えるお座席を約束することができなかったことで、参加をあきらめられた方、オンライン開催を希望された皆さまには申し訳ありませんでした。
語り部講話活動はこれを機に、今後もさまざまな場所、さまざまな形で展開できればと考えておりますので、今後の「戦後世代の語り部」たちの活躍に是非ご期待ください!


第1部 中国残留邦人等の歴史的背景と その体験の継承

■講演
「“残留邦人”の歴史は
なぜ語り継がなければならないのか?」

人間文化研究機構 国文学研究資料館准教授  加藤聖 文氏



第2部 「中国残留邦人等の体験と労苦を 伝える戦後世代の語り部」講話

※「戦後世代の語り部」とは……中国残留邦人等の体験を直接聞き取り、その労苦や帰国者の現在を後世に伝える戦争未体験世代(帰国者二、三世や一般日本人等)の継承者。今回は樺太残留邦人の語りはありません。


日時 2020年9月5日(土)13:00〜16:00 (12:30開場)
会場 国立オリンピック記念青少年総合センター センター棟501室
渋谷区代々木神園町3-1
主催 中国帰国者支援・交流センター
後援 東京都
備考 参加希望の方は事前に、以下のお申込方法でお申し込みください。
※ 当イベントへの多数のご応募ありがとうございました。9月5日のイベントについては、会場開催のみとなりました。応募者多数につき申込受付を終了させていただきます。
アクセス
お申込方法 中国帰国者支援・交流センターまで、お名前とお住まいの都道府県・市区町村名、お電話番号等を添えてFAXか以下の「申込フォームはこちら」からお申し込みください。
FAX:03(5807)3174
*FAXでお申し込みの方は案内PDFの2P目に申込用紙があります。
*メール、FAXでのお申し込みがご不便な方は
電話:03(5807)3171へ。
自立研修事業
中国帰国者支援交流センター